読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲める泥

飲まない方がいいです

99歳の私とオトシゴロだった少女たち

 ネトスト気質なので旧い知りあいの、私に教えてくれないSNSのアカウントを特定して定期的に監視している。別にあらを探したいわけではない。単に私の知らない世界でなにを見て、なにを思って、どんなことばを発しているのかが気になるのだ。

 

 中学・高校からの友人で、美人で頭がよくて文章がうまいAちゃんという友人がいる。彼女は友人の(おそらく)だれにも教えていないブログを開設していて、私は彼女の文章が大好きなのでひっそりと読ませていただいている。ある記事に、「私は中学のころから非処女だとかお酒を飲んでいるとか売春をしているとか噂が流されて、ほとんどが嘘なのにそのせいで多くの生徒から嫌われていた」というような文章があった。たしかに彼女は多くの級友たちに嫌われていた。だれに対しても自分の意見をはっきりと述べ、はやりに流されることなく自分の好きなものを貫き、そのうえかわいくて頭がいい彼女を有象無象の生徒らがひがむのもわからないでもない。お酒を飲んでいるという噂は私も聞いたことがあったけれど飲酒をほのめかす生徒はほかにもたくさんいた(そういうことは黙っていればいいのにとひそかに思っていた)から特に気に留めることはなかった。ただ私の知らないことをたくさん知っている、才能あふれる彼女が好きだった。いまも大好きだ。当時そんな噂が流れていたことなんて微塵も知らなかった私はいまになってとても驚いた。たぶん黒い噂を流して悪口で盛り上がっていたのはスクールカースト上位の連中で、カースト最下層のオタクであった私のことなど眼中になかったからそんな噂は耳に入ってこなかったのだろう。Aちゃんによるとカースト上位の彼女たちはセックスに興味があって、憧れていて、それがAちゃんに対する嫌悪感を増幅させていたのだろうとのことだった。

 私は中学受験のためにほかの同年代の子どもたちよりも早く、そして深く理科で人体について学び卵子精子がくっついて受精したら赤ちゃんができるだとか卵巣や精巣のつくりを知っていたのに15、6歳くらいまで肝心の性行為を知らなかったのだった。これは私が幼いころから両親に性的な知識(というか下ネタ)をつけさせないように育てられたからではないかと考える。多くの中学生たちが性的な知識を覚えてニヤニヤしながら下ネタで盛り上がっていたころ私がなにをしていたかというと少年漫画と小説ばかり読んでいた。しかしけっして性的なものに興味がないわけではなかった。性的な知識がない私が興味を持った性的なものは女性の身体だった。柔肌に、丸くふくらんだ乳房に神秘を感じた。pixivの生年月日登録欄に年齢が99歳になるように生まれ年を設定し、夜な夜な初音ミクさんのエッチなイラストを閲覧してドキドキしていた。いまとなっては巨乳化した初音ミクさんがマイクロビキニを着ているイラストなんてよく家族と共用のパソコンで見ていたなと我ながらおそろしい。

 

 Aちゃんが友人のだれにも教えていないブログで過去を振り返るのは、高校を卒業したいまではAちゃんを悪く言っていた少女たちとそこそこ親しくなったからだと思う。そして私がこうして友人のだれにも教えていないブログで過去を振り返るのもAちゃんと似たような理由である。