飲める泥

飲まない方がいいです

ダメ人間だけどちょっとはマシになったはずだから問題ないよねっ

 お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないということはないが、ダメ人間だけどちょっとはマシになったはずだから問題はない、はずである、と言い聞かせる毎日である。他人は何も言わない。

 自分がしたことを悔やんでもなくなりはしないし、特にこの大インターネット時代はどれだけ過去を消そうとしても完全に消えることはない。私は後先を考えない馬鹿なので、お世話になった方々に受けた恩をそれはもう数え切れないほどの仇で返してしまっていた。指摘を受けるたび猛省するのだが、2、3日もすればまた無意識のうちに他人を傷つけている。どうしようもない阿呆である。

 しかし、それではいつまで経っても横の関係も縦の関係もろくに築けない。社会で生きていくためにはたとえうわべだけだとしても円滑に人間と関わらなくてはいけないのだ。そのためにはまず自分を変える必要がある。落ち込んで自己嫌悪に陥ってる暇などない。

 まず、マイナスの感情をいちいち言葉に書き起こすのを減らした。自分の気持ちだけで済んでいたものを文にすることによって視覚的にもマイナスな情報が入って来ることになるし、私の負の感情なんてSNSに吐き散らかしたところで見た人の気分を害するものでしかないなと思ったからである。だからもう余計なことは言わないし、余計なことに首を突っ込むのもやめた。

 次に、「誰からでも好かれたい」という意識を捨てた。全ての人間から好かれるなんてことはこの世のどんな偉い人や優しい人にも成し得ないことなのである。その上私は行動がその意識に伴っていないので、自分自身が周りの人間に嫌われる原因を作ったにも関わらず、「嫌われた……無理だ死のう……」などとほざく自分勝手な馬鹿者だったのだ。どんなに頑張ったって、最新の注意を払ったって、嫌われるときは嫌われるものである。それでも関わり続けてくれる人たちに、私は感謝と尊敬の念を抱いて接したい。

 過去なんて消せるものなら消し去りたいが、まぁ無理である。過去を背負って生きなさいと八雲さんも言っていた(『昭和元禄落語心中-助六再び篇-』を観よう!)ので、私は私が大嫌いなままどうにか過去を受け入れて、他人にこれ以上嫌な思いをさせてしまうことなく生きるほかない。嫌な思いをさせてしまったときはきちんと謝って、改善して2度と同じ過ちを犯さないようにする。

 ということでどうか今後ともご贔屓、ご鞭撻のほどをお願いします。とりあえず今は正式にバイト決めてえ〜〜(努力不足)(オタク)(早口)(声がデカい)(コーナーで差をつけられない人生)